×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



本サイトについて

披露宴で友人代表の挨拶を頼まれたて困っている方も多いのではないでしょうか?いくら友人代表とはいっても結婚式の披露宴での挨拶やスピーチは誰でも緊張するものですし、なかには人前で話すが苦手な方も多いと思います。
そんな時は、披露宴で友人代表の挨拶の例文や文例を参考にするのが良いでしょう。一般的な披露宴での挨拶の例文を紹介していますので参考にして下さい。



⇒ 楽天ブックスでスピーチの本を探す!

披露宴での友人代表挨拶について

結婚式披露宴で友人代表挨拶を頼まれた時は、例文を参考にしてスピーチを組み立てるのが良いでしょう。

一般的なスピーチの順番は1)新郎新婦へのお祝いの挨拶、2)自己紹介、3)自分と新郎(新婦)とのつながり、4)新郎(新婦)の良い人柄を表すようなエピソード、5)締めの挨拶、となります。

お祝いや締めの挨拶は形式なので、例文にある名前を変えるだけでも充分ですが、友人代表挨拶のキモとなるエピソードは1つか2つくらい用意しておきましょう。

また、友人代表という立場の挨拶なので、新郎や新婦との心温まるエピソードを話すのが良いでしょう。どのような内容でも良いのですが、間違っても、昔の彼女(彼氏)のこと、仕事での失敗談、新郎や新婦の良くないクセなどを題材にするのは避けましょう。友人代表挨拶のだからと言って、ウケを狙うのは良くありません。結婚式披露宴では、とにかく新郎や新婦を「ほめる」こと、褒めて、褒めて、褒めまくることがポイントです。



披露宴での友人代表挨拶
友人代表挨拶の例文@
友人代表挨拶の例文A
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト
お問い合わせ

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

経済